So-net無料ブログ作成

マー君と祐ちゃんにみる夢への進み方 [スポーツ]

スポンサードリンク




つよしです。

いや〜、すごいですね、マー君。

マー君っていっても芸人のマイケルのことじゃないですよ。

o050005001298886271202.jpg

どんマイケル。

じゃなくて、楽天イーグルスの田中将大投手の方ですね。

bsh0905270505000-p2.jpg

世界記録である連勝数25、シーズン開幕から21連勝は56年ぶりの快挙。
「神様」である稲尾を抜いてしまったので、もはや「界王様」ですね。
いわゆる「ごっつぁん勝利」がなく、
先発登板だけでの20勝越えは史上初であり、
月間MVP回数もイチローを抜いてしまったとか。

まさに名実共に日本のエースです。

奥さんの里田まいもすっかり「おばかタレント」から、
なにやら「料理の栄養配分いい感じにできる資格」をとったらしく、
アスリートの旦那さんを支えるいい奥さんの地位を確立していて
言うことなしですね。

元々アイドル好きで昔はAKBのたかみなとSKEの松井玲奈、
そして今はももクロだそうで練習用のグローブはももクロの5色、
そしてクローバの刺繍入りという熱の入れよう。
なにげにホリプロ所属。

そんなマー君ですが、高校生の頃はどちらかというと「ハンカチ王子」の
祐ちゃんこと斎藤佑樹の方が主役で、好敵手というか引き立て役な
イメージがあったんですが、今は完全に逆転してますね。

やはり高校を卒業した18歳からの4年という期間を
プロでやるのか学生でやるのかは非常にでかい。

それを一番感じるのが「体つき」です。
マー君とか松井秀喜とか顕著ですが、
高校生の頃はでかいと言いながらやっぱり線が細い。
それがプロに入るととんでもなくガッシリしますよね。
それに比べてハンカチ王子の身体はやっぱりちょっと頼りなく感じました。

それぞれの人生なのでとやかく言うことではないかもしれませんが、
斎藤の大学入りはやっぱりどうみてもプロ野球選手でやっていく
人間としては遠回りだったと思わざるを得ません。
早稲田にいるとどうしても大学いきたくなってしまうのでしょうか。

翻ってプロという夢に向かって一直線に進んできたマー君は、
松坂、ダルビッシュのあとを担う、押しも押されぬ球界のエースへと
変貌を遂げている。

これだけ賞を取ったり記録を塗り替えたりすると当然日本だけではもの足りず、
海の向こうへ飛び出していくでしょう。
本人もやりたいと言っていますし、次の夢に向かって進むべきだと思います。

これからまだまだどうなるか分かりませんが、
マー君と斎藤選手の件は、
「何かやりたいことがあるなら遠回りせず一直線に突き進め」
といういい教訓かもしれませんね。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。